お金は「いつ、どこで、どうやって使う」かが大切

お金は「いつ、どこで、どうやって使う」かが大切

お金って、誰でも「もっとたくさんあったらいいな〜」って思いますよね。もちろん、生涯でお金持ちになったことがない私も、切実に、思います。
でも、「これだけあったら、もう要らない」って確実な金額があるわけでもなく、多くの人が漠然とそう思っているだけなのではないでしょうか。つまり、「あと500万円あったらいいな」と思っていても、いざ500万円手に入れてしまうと、「あと200万円あったらいいな〜」ってまた思っているものです。これでは、お金に振り回されている感がありますよね。
お金と上手に付き合うには、いくらあったらいい、と漠然と思うよりも、いつ、どこで、どうやって使うのか、というのが、実は大切なのではないでしょうか。だからこそ、逆に言うと、「本当に使いたい時には、プラスアルファのお財布と思って、カードローンを利用してみる」というのは、大いにアリ、だと思います。もちろん計画的に使うことは大切。でも人生の中で、まとまったお金が必要になったり、どうしてもお金を使わなければならなくなる状況というのは、誰でも必ずあるはず。それなら、プロにきちんとお金を借りて、きちんと返済すれば、周りの人との縁も切れることなく、安心だと思います。